生と死が隣り合わせである以上、悩みのない人間は存在しないだろう。

やがて人間が死を克服したとき、全ての悩みは解消されるのだろうか。

その世界で生きる意味はちゃんと存在するのだろうか。(カム作)

 

 

不老者 

 

「どうした? 怖気づいたか?」

 

「いや、そうじゃない。わたしが君を殺すことに意味はあるのか、と思ってね」

 

「……ではこう考えてくれ。今ぼくを殺さなかったら、この世界はどうなるか、と」

 

「確実に君はわたしを始末するだろうね。そしてこの地球上の命も全て奪うのだろう?」

 

「そうだ。何も迷うことはない。君は今ここでぼくを殺せばいい」

 

「簡単に言ってくれるね。その後わたしはどうすればいい?」

 

「また未来の話か。つくづく人というのは未来を意識する生き物だな」

 

「君を殺したとして、君という存在から逃げることに変わりはないんじゃないのか?」

 

「逃げないために殺すのではないのか?」

 

「人には罪悪感という感情が芽生えるからね」

 

「面倒くさい生き物なのだな」

 

「そうだな」

 

 わたしは人の形をしたその生物に向けて拳銃を構えた。

 

「いいぞ。後は引き金を引くだけだ。それでぼくも君も救われる」

 

「救われる?」

 

「ああ、そうだ。不老のぼくに存在する、呪われた未来から。そして君はぼくから殺されるという現在から救われる」

 

「なんとも都合のいい解釈だな。どちらも君が存在しなければわたしには無縁ではないか」

 

「人として生まれたことを恨んでくれ」

 

「検討しよう」

 

 言い終わるかどうかのタイミングで引き金を引いた。

 

 弾は侵略者の心臓に命中した。

 

「ありがとう。これで我々の種は地球から全て排除される」

 

「解らないな。なぜわたしに礼を言う?」

 

「君が人である以上、それは決して解らないことだ。不老の我々の苦悩とは、死よりも辛い現実なのだよ」

 

「……そういうものなのか」

 

「なあ、君は永遠というものは存在すると思うか?」

 

 そう言いながら男は静かに目を閉じ、二度と動くことはなかった。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]