ハガキ職人といっても色々な分野の職人がいる。

こんな究極のハガキ職人がいたら尊敬したい。

尊敬はしたいが、なりたいとは思わない。(カム作)

 

 

ハガキ職人の悲劇 

 

オレの名はペンネームで、超人28号。

今日もラジオにハガキを出したところだ。

『読まれますように!』と何回も心の中で繰り返した。

今週のネタは完璧だ。

読まれないわけがない。

 

放送当日──。

「……え〜、以上です」

とラジオの向こうから、お笑いコンビのボケの方の声が聞こえてきた。

「ふっ……」

勿論オレの名は呼ばれもしなかった。

今週も駄目だったか……。

これで通算連続100万枚読まれなかったことになる。

ミリオンだぜっ……。

オレはあることに気付いた。

ハガキ代……、5000万円やんけ!

『家建つがな!』と心の中でツッコミを入れて、ニヤニヤ笑っていた。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]