自我のない夢は映画のようで、小説化したくなる。

主人公がショートカットの美人であったら尚の事。

否、ロングヘアの美人でもまた然り。(カム作)

 

 

回葬列車 

 

うだる暑さの夏の日の午後。

お盆休みを利用して祖父母の家に行こうと、ひとり電車に揺られていた。

今はしがないOLであるわたしだが、幼い頃に不思議な体験をしたことがある。

窓外の緑を眺めながら、あの奇妙な出来事を思い出していた。

 

15年前──。

 

目を疑う光景だった。

何と自分が乗っている電車や人がぼんやり透け始めたのだ。

しかし誰も透けていることに気付いていない。

……いけない。

このままこの電車に乗り続けていたら、確実に何か良くないことが起こる。

わたしは直感的にそう感じていた。

 

電車が近くの駅に着くと、すぐにホームに降りた。

次の電車を待つことにして、今乗っていた電車が出ていくのを見届けた。

その車体はもうほとんど見えないほどに透けていた。

ほどなく向かいのホームに電車が入ってきた。

いや、正確には入ってきた音が聞こえただけで、車体は全く見えていない。

だが確実に電車はそこに存在しているはずだ。

なぜなら透明な人たちがホームに降りる足音だけは聞こえているのだから。

そしてあろうことか、今度は駅全体が段々と透け始めているではないか。

ああ、これはまずい。

わたしは急いで改札へと走り出していた。

……ふと改札の外に1人だけ透けていない男の子がぽつんと立っているのを見つけた。

わたしが改札を抜けると、男の子は手招きをしてわたしの前を走り始めた。

この子に付いていけば助かると信じ、知らない土地に戸惑いながらも必死で追いかけた。

 

しばらく走り続けると、男の子は左右を見回しながら立ち止まり、

「ここまで来ればもう安心だよ」

と息も切らさずに言うと、今来た道を戻っていこうとした。

「え、そっちは危ないんじゃないの?」

問いかけるわたしに振り返り、男の子は笑顔で答えた。

「ぼくはずっとあの場所にいないといけないんだ」

突如、男の子の体が透け始めた。

「じゃあ、またね」

男の子は手を振り、駅の方向へと歩きながら消えていった。

 

……そうか。

あの子はこの世には存在していなかったんだ……。

時間はかかるが、わたしは祖父母の家まで歩いていくことにした。

とてもじゃないが、駅に戻る気にはなれなかった。

その日の夜のニュースは怖くて見ることができなかった。

 

15年後──。

 

忘れもしないあの駅に今、電車は止まっている。

「まもなく発車します」

とアナウンスされてドアが閉まり、ゆっくりと電車は動き始める。

ふと改札の方を見ると、あのときの男の子が、あのときの姿のままでこちらを見ている。

わたしは驚きながらも、何かを言おうとしている彼の口元に注目する。

「さよなら」

そう確認できた後、わたしの体は徐々に透け始めた。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [0276204]