もし神様がいるならば、どれだけの負担が掛かっているのだろう。

負担の拡散のためにも人それぞれの神様を見つけるべきである。

そして自らの命が尽きた時に、本当の神様になるのである。(カム作)

 

 

神様の限界 

 

「うるさい!」

とぼくが叫んだのには、勿論理由がある。

人間がまたぼくに頼み事をしてきたのだ。

『神様、どうか妹の命を助けてください』

ぼくは神様。

だが人間の運命なんて変えられやしない。

それなのにこうも頼まれては、ぼくも困る。

しかも人間は凄い数が地球上に存在している。

ぼくは1人しかいないのに。

「もう、やんなっちゃうよ本当に」

『オーマイゴッド!アイドントノウ!』

「……」

かなり頭にきていた。

人類にまで進化させたのは誰だと思ってるんだ?

この世にアダムとイヴを生誕させたのはぼくなんだ。

なぜ人間は自分の力で何とかしようとしないんだ?

『神様、もしいるんならあの娘と喋らせてくれ、頼む!』

「ふっ……」

もう駄目だ。

我慢の限界だ。

ぼくは人間の運命は変えられないが、地球の運命は変えることができる。

このまま人間が地球を支配していたって、いずれは破滅へと向かうんだ。

ならばいっそのことぼくが、地球を……。

ぼくは迷った。

『神様のバカヤローッ!』

ドカーン。

1999年7月のことであった。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]