ほろ苦い青春の味がする愛の告白。

だが時としてそれは人を破滅へと向かわせる。

計画的な戦略でジワジワ攻めると良いだろう。(カム作)

 

 

ラヴ・レター 

 

受け取り印を押したぼくは、家の中へ入った。

「えーと、差出人は……ああ、吉本か」

ぼくはダンボールを開けた。

そこには、飽きれ返るほどの花の数々と、1枚の手紙が入っていた。

「な、何なんだよ……気持ち悪い」

仕方なくぼくは手紙の封を開けた。

「!!!」

それは吉本の、ぼくに対する愛の告白文だった。

「マジかよ。……あいつ、ホモだったのか!!」

手紙にはこう書かれてあった。

『Dear モトハル。突然こんな手紙を送ったりしてごめん。でもぼくはモトハルのことが好きで好きでたまらないから……。もしよければ返事下さい。From ナオキ』

ぼくの顔は一瞬の内に青ざめた。

「あ、あいつが……くそっ!!」

1人親友を失った気分だ。

もう明日から学校に行けない。

なぜなら、ぼくの親友は彼1人だったからだ。

他の人にはいじめられてるから……。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]