二度あることは三度あるかもしれない。

ただ、二度すらない場合もあるから注意が必要だ。

一度あるだけでも幸運だと思える心も必要だ。(カム作)

 

 

めっぽう君 

 

めっぽう君はすぐにお腹を壊すから正露丸が手放せない。

正露丸の賞味期限が切れていることに気付いていなかった。

めっぽう君の胃袋は正露丸を消化しきれなかった。

うずくまるめっぽう君は、ふいに肩を叩かれた。

振り返っためっぽう君はあることを思い出していた。

 

それは12年前の夏の蒸し暑い日。

駄菓子屋で買ったアイスを頬張りながら家路を歩いていた。

何の変哲もない石につまずき、アイスを落としてしまった。

ふいに肩を叩かれて後ろを振り返ってみると、名前も知らないおじさんが立っていた。

おじさんは優しい笑顔を浮かべて、新しいアイスをくれた。

小さな声でお礼を言って、走って逃げた。

 

めっぽう君はそんな幼い日の幻想を描いていたのかもしれない。

うずくまりながら振り返った途端に見知らぬ男に「邪魔だよ、おっさん」と殴られ、唾を吐かれた。

傍に落ちていた何の変哲も無い石を手に取ると、その男の後姿に向かって投げてやった。

小さな声で文句を言って、走って逃げた。

その後めっぽう君の姿を見た者は誰一人いない。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]