バレそうなことでも、案外バレないことがある。

そういう時こそ油断は禁物である。

慎重かつ大胆な行動を心がけるべきである。(カム作)

 

 

上手な謀反の仕方 

 

じいが今日もやかましく叫んでいる。

「殿ーッ!殿ーッ!」

じいは昔、腕の立つ武士だったらしい。

だがそんなことは、今の私には関係ない。

なぜなら私は今、城を少しずつ壊しているからだ。

じいの戯言に付き合ってはいられない。

私の計画が成功すれば、江戸の民達は幸せに暮らすことができる。

そして私の名も後世に語り継がれるだろう。

まさしく一石二鳥だ。

これほどオイシイ話は滅多にない。

まさか殿が自ら、自分の城で謀反を起こすなどとは誰も思うまい。

自然と笑いが込み上げてきた。

「ハハハハハ!」

……いかん、いかん。

大声を出しては誰かに見つかってしまう。

そう思いながら、念のために後ろを振り向くと、そこには刀を振り下ろそうとするじいの姿があった。

「ハハハハハ!」

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]