願いとは努力し達成させるものである。

ただ願っているだけでは妄想遊びに過ぎない。

生きている内に、より多くの願いを実現させたいものである。(カム作)

 

 

願い 

 

ぼくの思い出は、とても浅いものだ。

何かを食べ、そして眠って……。

限りない未来が、昔のぼくにはあったはずだ。

それなのに今はもう、ただの老人に過ぎない。

昔に戻れるものなら、喜んで戻りたい。

まあ、誰もが皆同じような感覚でいるのかもしれないが……。

妻にも先立たれ私はもう独りだ。

病気になっても誰も看病などしてくれはしない。

死ぬ勇気もない。

いつからこんな生活をしているのだろう。

つい20年前までは出世という道を歩いていたのに……。

出世の道から外れたぼくは、ただ何をすることもなく暮らしてきた。

友達ももう死んだか寝たきりか……遊ぶことなどもっての他だ。

逃げ出したい。

この世の中から逃げ出したい。

それだけが今のぼくの願いである。

疲れ果てたこのぼくの、たったひとつの願いである。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]