神々が生きていた時代は、どんな世界だったのだろうか。

それはそれは壮大なアドベンチャーで満ちあふれていたに違いない。

ちなみに、この小説には底無し沼の花の神々は登場しない。(やんも作)

 

 

底無し沼の花の神々 

 

むかしむかし、相当昔のおはなしです。

人里はなれた、山奥のさらにもっと茂みの奥の、かわのせせらぎが聞こえてくる山あいのみことに、かわの底のひとまろが住んでおりました。

かわの底のひとまろが20歳になったころ、かわの底のひとまろが、池の底の神のうじまろに相談したいことが出てきました。

池の底の神のうじまろには特殊能力がございます。

この特殊能力をあてにしたのでございます。

かわの底のひとまろは、鳥の神のすくねに、お願いもうしたてまつりそうろう。

鳥の神のすくねは、たちまちにして、鳥の守護神、すなはち肥後のもりの、火の鳥鳳凰となりて池の底の氏神のさぶらふことかぎりなし候。

いとおかし。

おかし、食べ放題なり。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]