ほとんどの人間は必ず誰かにストーキングされている。

ストーキングすらされない人間は究極の暇を手に入れるだろう。

その暇な時間で誰かをストーキングすれば、忙しくなるに違いない。(カム作)

 

 

あいつはストーカー 

 

今、ぼくはストーカーを追いかけている。

あいつも大変だなあ。

毎日毎日人を追っかけまわして……。

相手が昼食を食べなければあいつも食べられないんだし。

今日のぼくもそれと全く同じ、あいつ次第でぼくの行動も決まる。

あー腹減ったなー、そろそろ夕食にしたいんだけどなー。

だがぼくの願いは通じない。

……ん?

一体ぼくは何考えてんだ?

ストーカーを追いかける理由がどこにある?

全く無意味な時間を過ごした……はあ。

さあこんなことやめて帰ろう帰ろう。

ぼくが後ろを振り向くと、そこにはこそこそとぼくを追いかけてきている男が見えた。

まさか……。

よく目を凝らして見ると、その男の後方にもその男をストーキングしている人影が見えた。

おいおい嘘だろ?

だが、人影の列はどんどん続いている。

そ、そんな。

ぼくは絶句した。

……世界は、誰もがストーキングされている。

するとぼくの1つ後ろの男が後ろを振り向き、立ち尽くしているのが見えた。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]