人類の夢でもあるタイムマシンが完成した。

初めて作った博士はどんな使い方をするのだろう。

はたして自分で使うことはできるのか!?(カム作)

 

 

タイムマシン 

 

時は2XXX年──。

「完成した。これがタイムマシンだ」

と博士がぼくに言った。

「長かったですね。これを作るのに35年も掛かるなんて」

ぼくは残念そうに述べてみたが、博士は笑いながら、

「何を言っとる松井君。これで過去に戻ることもできるだろ?そして人生をやり直すことも可能になるわけだ」

「へー、そういう使い方もあるんですね」

ぼくは少し博士を見直した。

「ところで博士。ぼくは今70歳なんですけど、博士は今何歳なんですか?」

博士は考え込んでから──

「えー、ワシと松井君との年の差が36歳だから……」

ぼくは計算して博士に言った。

「じゃあ博士は今106歳ですね!」

それを聞いた博士はショックで死んでしまった。

 

 

PAGE TOP▲

[PR] 楽天市場 [PR] イオンショップ [PR] サントリーウエルネス

© 2002 ノ・ベル研究社 [[an error occurred while processing this directive]]